忍者ブログ
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11

テニミュとたまに映画、あとチラシの裏的な日記!

10.17.14:47

[PR]
  • [CATEGORY:

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

05.21.03:26

地上の楽園

待ちに待ったドリライ4th行ってきました。3時間しか寝れてなくて、帰ってきてから爆睡でした!ってことで、ライブの様子をレポってみます。

まず、会場に到着して席についてみて、あまりの舞台との近さに若干チビりそうになったwwwミュに初参戦でこんな良席だなんて、今後どんな席になっても満足出来なさそうで、ちょい怖いです。きっとあんないい席もう二度と座れない…。
ちなみに、下手側通路のすぐ横っていうこれまたある意味おいしい席でね、多分もう今後は悪いことしか起こらないんだと思う。

いよいよライブ開始、諸注意を説明する一年トリオがものすごい可愛かった。この時点で胸キュンが止まらない。ライブがいよいよ始まるよ、っていう臨場感は何回体験しても飽きないです。

レポなんて所詮私には無理なので、ライブの出来事や思ったこととかを箇条書きでやっていきます。

○すぐ横の通路を通ったのは、あいるさん・がくさん・どおりさん・やなぎしたさん・かとうさん。目当ての一人だ ったかとうさんが通って、嬉し死するかと思った。
○女の子とちゅーにおける、Kずま氏のタップはガチですごい。感嘆のため息しか出ない位すごくて、本当に感動した。
○タップでかとう氏をあおるKずま氏な場面があって、二人でちょっとだけ一緒にダンスしてたとこが何かもうひたすら可愛らしかった。
○あいるが横を通ったとき、何か目が死んでて笑えた。汗が滝のように流れてて、舞台に上がるってことの大変さをちょっとだけ知った気になった。
○せとくん歌がうまい…!原作から抜け出てきたみたいなキャラ作りは健在でした。
○ビーチバレーでの笑えるやり取り。
データマン「微笑みの裏にひそむ悪魔コンビ、さえきとふじ」 ※台詞はニュアンスです※
さえき「悪魔だって、ドンマイ」
ふじ(#^ω^)ビキビキ       さえき(・∀・)ニヤニヤ

ふじ('A`)    ハァ…     さえき('A`)

○RIKKAI校歌、DVDで観たときは不協和音だった部分が、そうじゃなくなっててビックリした。
○RIKKAI校歌、なんかすごいカッコ良かった。曲調とかは別にして、何か軍隊っぽさを感じた。
○やなぎした氏がニコぉって笑ってて、思わず萌えゲフンゲフン。
○マッスルなたかさん&もものコンビは、何かシュールだった。ジャージが伸びちゃわないのか心配になった。
○「バーニンバニン」って言うのが夢だったけど、それが叶った。燃えるぜバーニングのダンスやっぱ好きだ。
○かわい氏の手拍子のタイミングが他のキャストさんとずれてる曲があって、笑えた。
○輝け、もっとへ入る時のゲストさん達のやりとりすごく良かった。
○じゅった氏が結構大事なとこで噛んでたwwwww
○どおり氏、みなみ氏の天然っぷりとか色々ツボちゃって先に進めなくなってた。可愛かった。

他、細かい萌えどころを語ってたらキリがないことに気づいたので、このくらいにします。

そんで、一番感激して泣きそうになったのは、「on my way」の時、一番大好きなわたなべさんが、私の席のすぐ横の立ち位置だったことです。しかも、二回も目を合わせてうなずいてくれて、もう私はここで死んでも悔いはないやってくらいに嬉しかったです。多分その瞬間は、頭のネジが結構取れちゃった。

自分が本当にこの場にいて、生で彼らを見てるってことが途中で信じられなくなって、自分がまるでカメラっていうか、ただ映像を見てるだけっていうか、そんな感覚になったり。現実感がないあの独特の感覚はなんでしょう。夢のなかにいるみたいな。
まさしくドリームライブだなって思った。
あんなに楽しくて幸せな空間を作り出している、うえしま先生始めキャストの皆さんが本当に大好きです。ハマる予定じゃなかったなんてもう言わない。これからも、ずっと応援していくぉ。

とにかく、本当に楽しめて幸せな一日でした。

PR
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら